おしりがブツブツで痛い、その原因とは

お肌の悩みは人それぞれあるのですが、お尻が荒れているのはなかなか相談できないのではないでしょうか。

病院へ相談するのもためらってしまいますよね。

しかし、お尻が荒れるのは何らかの理由があるのでその原因を紹介します。

おしりがブツブツして痛いのは皮脂が過剰分泌している

原因の一つに皮脂の過剰分泌というものがあります。
つまり、おしりにニキビが出来ている状態です。

ニキビは顔だけでなくニキビの環境さえあれば体のどの部分にも出来ます。
そのため、おしりに出来ても何ら不思議ではありません。

お尻は角質が厚く、座ることで刺激が起こり、過角化しやすい部位です。

角質が厚くなると毛穴がふさがってしまうためニキビの原因であるアクネ菌が出来やすくなってしまいます。

座ることで刺激が起こるので普段から座る仕事をしている人に起きやすいです。

仕事で座ることが多い人は環境はなかなか変えられないため、清潔にしたり、クリームを塗ったりお尻のケアをしっかりする事が大切です。

また、ニキビが出来たらニキビ専用のクリームを塗って早めに対処しましょう。

おしりにブツブツが出来て痛いのは粉瘤の可能性が

粉瘤という名前を聞いた事がない人もいるかもしれませんが、粉瘤とは良性の腫瘍のことです。

もちろん良性なので命に関わる事はないので安心してください。

症状はニキビと似ているので間違えやすいのですが、粉瘤の特徴は自然治る事はありません。

ニキビは日数がかかりますが、よほど触ったりしなければ自然と治ります。

そして、何度も同じ場所に発生するのも粉瘤の特徴です。
症状が緩和しているときは毛穴にくぼみが発生するので良く見てみましょう。

状態によっては痛みや化膿を伴い、熱が発生する場合もあります。

放置しても治る事はないので軽い手術で切り取るしかありません。
痛みや化膿を伴う場合は早めの治療を行なうようにしましょう。

ニキビと粉瘤の違いをしっかりと覚えておきましょうね。

おしりにブツブツが出来て痛いのは何故起こるのか

お尻は体の中でも顔と同じように肌荒れしやすい場所なのですが、そもそも何故出来やすいかというと、負担がかかりやすい場所だからです。

特にディスクワークや受付業務などすわりっぱなしの時間が長い仕事している人は負担をかけやすくなっています。

そうするとお尻の皮膚の一部で角質化がおきてしまい、おしりにブツブツが出来てあれてしまいます。

他にも何度も座ったり立ったりすることで摩擦が多くなってしまうことがあり、皮膚への刺激が繰り返されてしまうからです。

刺激が加わると皮膚を守ろうとして過剰に皮脂を分泌してしまうので、ニキビなどの原因になってしまいます。

もし、椅子に座る仕事をしている人は座布団をひくなどして出来るだけお尻の負担を軽くしてあげてくださいね。

おしりにブツブツが出来て痛い場合はどうしたら良いのか

おしりにブツブツが出来てしまう理由が分かったのではないでしょうか。

おしりにブツブツが出来ないようにしても中には出来てしまう事もあります。

そういう場合は睡眠をしっかり摂ったり軽い運動をしたり、お風呂に入ったり新陳代謝を良くしてあげてくださいね。

また、おしりの負担を減らしてあげることも大切なので座ることが多い人は工夫してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です